ゲームやら音楽やら日常など、てきと~に書いていきます。BUMP、ポルノさん、DEENが好き。バンデラ、GEB、ニンジャガΣ2、パルテナプレイ中。ジョジョにはまってます。
http://gloriousrevorution.blog47.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
口調バトン×2
2010-07-12 Mon 18:59
2本目は口調バトンでございます。
これ…別のが1本ずつ来てるので、同時にやっちゃいますかね。
最初のはチゃッピィさんから、その次はリュウさんからです。
バトンパスありがとうございます~!!


あ~っと、チゃッピィさんからはメタナイトでリュウさんからは雷電です。
この2人は…なかなか会話が難しそうな…まぁいいや!w






メタ「何やら呼び出されてしまったようだが…」
**「みたいだな」
メタ「まずは自己紹介でもしておくか。私はメタナイト卿だ」
**「俺はスネークだ」
メタ「スネーク?スネークなら私も知っているはずだが?」
**「何?同じコードネームのやつがいるって言うのか…!?」


トゥルルル、トゥルルル、トゥルルル


**「こちらスネーク」
大佐「私だ、キャンベルだ」
**「大佐…どうなっている?
俺と同じコードネームの奴がいるみたいなんだが?」
大佐「そのことなんだが…君のコードネームは雷電に変えることにする」
**「なんだって?ライデン?」
大佐「あぁ。コードネームがスネークだといろいろ支障をきたすからな」
**「支障…?おい大佐、俺に何か隠しているな?」
大佐「それでは、任務の成功を祈る」
**「ちょっと待て大佐!」


ガチャッ


メタ「…終わったのか?」
雷電「なんだか俺にも良く分からないが…
とにかく、今の俺のコードネームは雷電だそうだ」
メタ「そうか…分かった。雷電、よろしく頼む」
雷電「あぁ」


1、バトンを回す人は?
メタ「雷電、君が決めろ」
雷電「俺がか?そうだな…」


→みつをさん
→澪さん
→ミストさん
→しるこさん
→リュウさん


雷電「これでどうだろう」
メタ「ふむ…いいんじゃないか?」
雷電「それは良かった」
メタ「…」
雷電「…」
メタ「つ、次に行こう」
雷電「あ、あぁ…」


2、回す人の口調は?
・みつをさん⇒カズヒラ・ミラーorネイキッド・スネーク(MGSPW)
メタ「ほう、これはどちらでもいいという意味か?」
雷電「あぁ。英雄の右腕と言われた男、ミラー…そして英雄であるビッグボス…
その言動には俺も興味がある」
メタ「なるほど。」


・澪さん⇒マロorジーノ(スーパーマリオRPG)
雷電「2択にしなきゃいけない制約でもあるのか?」
メタ「そういうわけでは…あまり拘束しすぎるのも良くないしな」
雷電「その通りだ。で、なぜこの2人を?」
メタ「あのマリオと共に戦った2人だぞ?興味が湧かないはずはないだろう」
雷電「そう言われると俺も気になってきたな…」


・ミストさん⇒クンツァイトorヒスイ(TOH)
メタ「テイルズか」
雷電「あぁ。」
メタ「しかし、ハーツはあまりやりこんでいなかったような気がするが?」
雷電「あえて、だ。曖昧なほどこういうことは面白くなるだろう」
メタ「確かにな…」


・しるこさん⇒アモスorテリー(DQ6)
雷電「DQじゃないか…なんだってそんなメジャーなタイトルを?」
メタ「やたら食い付くじゃないか、雷電?」
雷電「そりゃあな。ブーム直撃世代だから仕方ないだろう」
メタ「相当なゲーマーだし、何を任せてもやってくれろうな気はするが…
ここはやはり、本人も好きだと言っているDQにした」
雷電「なかなかシステムが画期的だったんだよな…」
メタ「雷電?」
雷電「あ、あぁ!いいと思う!」


・リュウさん⇒ナビィorチャット(ゼルダの伝説)
雷電「どちらも妖精のほうだ」
メタ「ずいぶんとコアな人物を選んだな」
雷電「ナビィの声の良さは俺も認めるところだからな…」
メタ「…そうか…」


3、この中で最初に知り合ったのは?
メタ「しるこかリュウか、2人のいずれかだったと思うが」
雷電「ここはFOXHOUND隊員の腕の見せ所だな。ちょっと待っててくれ…」
メタ「パソコンか…便利な世の中になったものだ」
雷電「分かったぞ!Eohのほうが恐らく最初だ。4月初期からコメントが来てる」
メタ「何が好きであんなやつとコンタクトしたんだか…」
雷電「コメントを見る限り、あいつからコメントされて仕方なく、って感じだな」
メタ「だろうな。好き好んであいつと交流したがるやつはいないだろう」


4、五人のイメージカラーは?
・みつをさん⇒銀
・澪さん⇒黄
・ミストさん⇒コバルトブルー
・しるこさん⇒紫
・リュウさん⇒緑


雷電「まぁ、これに関してはノーコメントにしておこう」
メタ「だな。色で分けるのはなかなか難しいことだし…」


5、五人の中で喧嘩した人
メタ「喧嘩はないんじゃないか?」
雷電「だが、前は悪乗りしすぎて良くリュ」
メタ「その辺にしておけ」
雷電「えっ?あ、あぁ…すまない」


6、五人は何処で知り合った?
・みつをさん
・澪さん
・ミストさん
・しるこさん
・リュウさん


雷電「どこと言っても、全員ブログ上だろう?」
メタ「そうだな」
雷電「それもほとんどがゲーム関係と見える」
メタ「まぁ…そうだな」
雷電「やはりゲームは素晴らしい。
あんなやつがここまで交流を広げられるツールなんだぞ?」
メタ「あぁ…そうだな」


7、最近一番良かったと思うこと
メタ「ポルノグラフィティのライブに行ったことだな」
雷電「意外だな…メタナイトの趣味が音楽を聴くことだとは」
メタ「良かったら一緒に行くか?チケットは取ってある」
雷電「任務に被ってなかったらいいが…」


8、今の服装と髪型を細かく伝えてみて!
雷電「白に青いラインが入った短めの靴下、濃いめのジーパン、
緑色の半袖Tシャツ、白の薄い半袖の上着だ」
メタ「ずいぶんと目立つ格好だが…それが任務に赴く格好か?」
雷電「いや、これは大佐からの指定でな…
髪型はアスベルやヒューバートと似たようなものだと思う」
メタ「分かりやすい例えだな」
雷電「だろう?」


9、正直今の口調が気に入ってしまった
メタ「今のも何も、私は最初からこの口調だが」
雷電「同じくだ。この質問は何が言いたいんだ?」
メタ「もしかしたら、私たちは何者かに洗脳されているとか…?」
雷電「まさか。意識ははっきりしているし、そんな馬鹿なことは」


トゥルルル、トゥルルル、トゥルルル


雷電「こちら」
大佐「雷電!今すぐにノートPCの電源を切れ!これは命令だ!」
雷電「た、大佐?」
大佐「スペインで雨降る大地を歩行してきた。
あれは良い国だよ…UFOもいたんだ」
雷電「何を言ってるんだ、大佐!」
大佐「雷電、ブルーベリーは好きか?私は大嫌いだ。
弟と同じくらいにな…レモン水にはたっぷりと砂糖を入れる」
雷電「大佐!」
大佐「らりるれろ!らりるれろ!!らりるれろ!!!」
雷電「大佐、どうしたんだ大佐!大佐ーっ!!!」


ガチャッ


10、感想
メタ「雷電、大丈夫か?気をしっかり持て」
雷電「大丈夫だ。どうやら、悪い予感は半分当たっていたのかもな…」
メタ「半分?」
雷電「俺は幻想を見せられていたようだ。大佐なんていない…」
メタ「そうか…」
雷電「しかし、これで良かったんだ。このまま操られていても何にもならない。
真実を知れて良かった…そして、メタナイトに会えて良かった」
メタ「私もだ。君はこれからどうするんだ?」
雷電「スネークとやらを追ってみようか…何か関係がありそうだ」
メタ「そうか。じゃあ、ここでお別れだな」
雷電「あぁ。またいつか会おう」
メタ「さらばだ!」




すっげぇ謎のストーリー構築してるんですけど。
まぁ、分かる人には分かるかな~って言う感じで…w







もう1本行きます~。
長さがものすごいことになってますが気にしない気にしない!






口調バトン


雷電「さて、メタナイトとは別れてしまったし…こっちは1人でやるか」


トゥルルル、トゥルルル、トゥルルル


雷電「こちら雷電」
**「雷電、私だ」
雷電「私…?まさか大佐か!」
メタ「違う、メタナイトだ!」
雷電「なんだ…どうした、無線なんかかけてきて?」
メタ「まだ任務があるんだろう?私も協力しよう」
雷電「メタナイト…分かった、甘えさせてもらうとしよう」


◆誰に回すか5人決めてください
・零少佐
・Keyさん
・マリラブ先輩
・キリト様
・タルタルさん


雷電「正直、選ぶのに苦労したぞ…」
メタ「今の時期、受験で忙しい者も多いからな」
雷電「あぁ。しかもキャラが分かる者となると限られてくる」
メタ「分かるのか?」
雷電「…恐らく…」


◆5人との出会いは?
・零少佐
メタ「しばらく足跡の踏み合いをしたあと、向こうからコメントをしてくれたみたいだな」
雷電「そりゃあそうだろう。あいつにコメントできるとは思えん」
メタ「極度のチキン体質だからな…なんとかして直してやらないといけないのだが」
雷電「戦場にでも連れ出すか?」
メタ「そうだな、ちょっとその案も考えておこう」


・Keyさん
雷電「同じく…ってところじゃないか?」
メタ「だな。まったく、本当に不思議でたまらない」
雷電「あんなやつと交流したがるやつがいることが、だろう?」
メタ「あぁ。あんなやつのどこがいいんだ?」
雷電「それは俺も思ってたことだ。俺なら無視する」
メタ「私もだ」


・マリラブ先輩
メタ「バトンを持って行ってもらってから、だそうだな」
雷電「ほとんど自分から動いてないじゃないか」
メタ「こう見ると本当だな…ほとんど待ちに徹している」
雷電「少しは自分から動いたらどうなんだ?待ってるだけじゃ掴めないものもあるんだ」
メタ「そうだな。真実なんて待っててもやってこない」
雷電「…あぁ」


・キリト様
雷電「言ってるそばから…今度は自分からコメントしたようだぞ」
メタ「珍しいこともある…って、誕生日生地が初か」
雷電「結局は何かきっかけがないと動けないんだな」
メタ「その上、相互の申請は向こうからだ」
雷電「おいおい…今度ばかりは見直したと思ったのに…」


・タルタルさん
メタ「同じく、向こうからのコメントだ」
雷電「本当にどういう事なんだ…」
メタ「あいつに良いところがあるとは思えないがな」
雷電「あぁ。むしろ負の塊だと思うんだが」
メタ「その通りだ」


◆その5人との共通点は?
・零少佐
メタ「FFにDQ、ゼルダに…MGSか」
雷電「MGS!なんていいセンスなんだ!」
メタ「ら、雷電?」
雷電「あのゲームは本当に素晴らしい。
重厚なストーリー、緊張感のあるBGMが引き立てる独特のシステム。
それでいて小ネタが入りまくっている。
かと思ったら核の恐怖を思い知らせてくれるゲームでもある…
素晴らしい!零少佐、俺と握手しないか!?」
メタ「…」


・Keyさん
雷電「KH、だな」
メタ「KHは少しやったことがあるが…なかなか面白いゲームだぞ」
雷電「ほう」
メタ「FFキャラとディズニーキャラが登場するんだ。
世界観は優しく柔らかだが、
ストーリーは深く暗く…その対称感に一層引き込まれる」
雷電「面白そうだな。今度貸してくれないか?」
メタ「分かった。MGSと交換だな」


・マリラブ先輩
メタ「任天堂とTOGとゼノブレイドと…」
雷電「あとはポルノグラフィティか。ライブにも行ったらしい」
メタ「なんだと!?なぜ私に教えてくれなかったんだ!」
雷電「いや、俺に言われても…」
メタ「私がポルノグラフィティ好きなのは知っているはず!
だったら私と一緒に行くのが常識だろう!
なのになぜ…くっ!雷電!次のライブはLAMPじゃなく君と行くぞ!」
雷電「あ、あぁ…」


・キリト様
雷電「FFとテイルズ、くらいか」
メタ「そこまで共通点はないのだな」
雷電「共通点があるかどうかじゃなく、実際合うかどうかなんじゃないか?」
メタ「なるほどな…共通点は単なるとっかかりでしかないという事か」
雷電「お互いにその映画を語りつくせるほどなら分からないがな…」
メタ「映画?」
雷電「なんでもない」


・タルタルさん
メタ「どうやらガンダムが好きなようだが」
雷電「そうだな…ガンダムなら昔よく観ていた」
メタ「Zとかいうやつか」
雷電「あぁ。主人公がまたキレやすいやつでな…年上であろうとお構いなしに殴る」
メタ「裸で側転するようなやつよりはましだと思うが…」
雷電「何か言ったか?」
メタ「さて、次の質問だ」


◆5人の良いところは?
・零少佐
雷電「優しさが記事から滲み出ているな」
メタ「あぁ。日常を読んでいても良く伝わってくる」
雷電「友人の誘いも断れないようだしな」
メタ「その気持ちもよく分かるが、体を壊しては元も子も…」
雷電「健康は自己管理の基本だ。その辺は自分で気を付けてもらわないとな」


・Keyさん
メタ「かなり大人びているように思える」
雷電「大人?」
メタ「周りを持ち上げるというか、褒めることが多いというか」
雷電「なるほどな、それなら分かる。あんなやつのどこがいいのか…」
メタ「やはりそこだ。誰かに操られているんじゃ…?」
雷電「まさか大佐が!?」


・マリラブ先輩
雷電「気配りと面倒見の良さ、というところか」
メタ「確かにな…年相応の常識をわきまえている」
雷電「ただまぁ、あまり道に迷いすぎるのも考えものだと思うが」
メタ「時間があるならいいのだがな」
雷電「そうだな…迷うのもまた楽しみ、か」
メタ「そういうことだ」


・キリト様
メタ「まめで謙虚さがある」
雷電「そこは高校生らしいな」
メタ「最近はブログで自分を表現しまくっているが…」
雷電「いいんじゃないか?
ブログはその人にとって、自由に使っていい場所なのだから」
メタ「正論だ」


・タルタルさん
雷電「友好関係を大事にしているようだな」
メタ「あぁ、良く遊びに行くという記事を見る」
雷電「あまりLAMPとは交流出来ていないようだが?」
メタ「みたいだな。これはLAMPの非だ」
雷電「そろそろ自分から動かないと呆れられるぞ…?」


◆5人は自分の事どう思ってる?
メタ「これはLAMPのことを、ということか」
雷電「それなら簡単だ。チキンで根暗」
メタ「案外簡単な質問だったな」


◆この5人とは今後どうしていきたい?
雷電「変わらず仲良くしていて欲しいんじゃないか?」
メタ「いや、あいつのことだからより一層の…だろう」
雷電「だな。メタナイト、良く分かってるみたいじゃないか」
メタ「それを言うなら君もだろう…」


◆5人とは喧嘩した事ある?
メタ「これは無いな」
雷電「あぁ、特に掘り下げることもない」


◆指定
・零少佐→ソリッドorオタコン(MGS)
・Keyさん→シオンorロクサス(KH)
・マリラブ先輩→王子or団長(FE)
・キリト様→ルークorブタザル(TOA)
・タルタルさん→カミーユorアムロ(ガンダム)




メタ「よし、明後日KHを持ってこよう」
雷電「了解した。じゃあ、またな」


ガチャッ
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | バトン | コメント:2 | トラックバック:0 
<<管理人交流バトン | てきと~に | 黄華丸>>
この記事のコメント
no.2951:
バトン回されてたことに今更気づきましたごめんなさいー
僕にはカズかスネークが回ってきましたかー
さすがLAMPさん、僕の好きなキャラを心得ていらっしゃるッ!
あれ?そういえば二人とも難しい気が…
何より僕の妄想力が足りないッ…
どうすれば良い?…教えてくれ!マスターLAMP…
2010-09-10 Fri 19:46 | URL | みつを #-[ 内容変更]
no.2952:>>みつをさん
いえいえ、逆に今気付いてくれてよかったですよ~w
てか良く気付きましたね…w
MGS好きなのが共通してるってイメージがあったので!
それならカズかスネークだろうと…
あ~、確かに難しいかもしれませんw
このバトンに妄想力は不可欠です!
それが足りないとなると…けっこう厳しいですよ…
みつをよ…今のお前に足りないのは妄想力ではない。
勇気だ。殻を破って自由に妄想してみると良い。
そのうち、考えずとも文章がまとまってくるであろう…
2010-09-10 Fri 20:27 | URL | LAMP #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| てきと~に |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。