ゲームやら音楽やら日常など、てきと~に書いていきます。BUMP、ポルノさん、DEENが好き。バンデラ、GEB、ニンジャガΣ2、パルテナプレイ中。ジョジョにはまってます。
http://gloriousrevorution.blog47.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃…
2010-10-13 Wed 20:48
夕食の肉団子がクリティカルヒットしましたね。
お腹がリミットブレイクしてますよ…
ブロッコリーにかけまくったマヨネーズも良くありませんでしたか。
まったく…面倒な体質です。



こん+ばんは=こんばんは、LAMPです!



















久々にゼノブレイドプレイ日記を書きます~。
今回のネタばれ範囲は…ん?あ、一応機神界クリア後ってことで。
別にストーリーは進めてないんですけどね。
久々になってしまいましたか。
夜食とか食べてると、やる時間を逃しちゃうんですよね~。
最近眠気がひどいですし。でも、今日はやったのです!


で、何しようと…コロニー6の復興であることは分かるよ?
あ…自然レベルを5にするために、クロマメレバーを集めるんでした。
巨神胎内をマラソンするんですね…




いきなりマラソンは辛いから、特殊に逃げます。
必要なのは極火の元素2つ、剛雷の元素2つ、ブルーライトアンプ3つ、
エンゼルエンジンA2つ、ラビットダイオード3つ。
持ってないのは極火の元素2つ、剛雷の元素2つですか。


監獄島…?え、だって入れないじゃん。
詰まりましたな。仕方ない、胎内マラソンしてきます。
これ終わったらストーリー進めますよ!




その前にシュルクとダンバンさんのキズナトーク。
「守るための戦い」


シ「すごいですね。
  あんなひどい状況から、もうここまで復興したなんて…」
ダ「そうだな。コロニーの住民も増えつつあるようだしな」
シ「一人一人の力は弱くても、合わされば大きな力になるんですね」
ダ「そういうことだな。だから俺は、あの大戦で生き残れたんだ」
シ「・話を聞いて思うんです
  ・ダンバンさんが強いからです」
下選んだら脈絡完全に無視してるから、上?


えぇぇぇー!!!?下がった!!
シ「孤独な人には、苦難を乗り越えることは出来ないって」
ダ「そうだな。で、お前はどうするんだ?」
シ「自分に出来るだけのことをしようと思います。
  助け合っていけるなら、それがいいと思うんです」
ダ「そうか。まあ、それが一番いいだろうな」
シ「・一人では戦えない
  ・生きることも同じ」
分かんねぇ…し、下?


良かった、上がった
シ「たった一人で生きていくなんて出来ないですから…」
ダ「俺もそう思うさ。だからこそ、皆で力を合わせるんだよ。
  助け合いの精神ってやつだ」
シ「ええ、そうですね。僕は助けられてばかりですけど…」
ダ「そうか?逆じゃないのか?
  だからといって、やめろと言ってるわけじゃないけどな」
シ「そうなんですか…人がいいって言われますけど…
  でも、僕としては当然のことをしてると思ってるんですけどね」
ダ「そう思えることが奇特なんだよ。それを忘れないでくれ
  じゃあ。そろそろ皆の所に戻るか」
シ「はい、今日はありがとうございました」


まぁ、シュルクは助けられてもいるし助けてもいますよね。
弱気…ではないですが、支えてもらってる感じはします。
モナドレプリカ持ってからは見違えましたが。完全に英雄の風格!




てか…これ、クロマメレバー本当に出るんです?
もうなんか…心折れてきたんですけども。
敵が弱くてレベル上げにもならないですし…


そもそもクロスチロール?はもう手に入らないんですよね。
復興に必要なアイテムの1つ…
それじゃ集めてる意味無いような気がしてきました。
…なぜだかゲームの中でネガティブになってますけどw




ストーリー進めようと思うんだ!
ロウランに会いに行くくらいなら大丈夫ですよね…
まだ最後じゃないですよね…


今ごろになってクロマメレバーが手に入るんですが。
でももう1個無いといけないから、やっぱりロウランのところへ…
ウソだよ、もう2個集まっちゃってるじゃん!
ぬぁぁぁぁぁ…ジュジュのところに戻りますよ。




自然レベルを5に、採掘準備場が出来た!
中央採掘場などのエーテル結晶がランクアップしたらしいです。
コンプリートボーナス、EXPアップ4をもらいました~。


凶暴な敵が現れちゃったよ…搬出用エレベータ付近?
超火力七一式機神兵。行ってみますか~。
そうだ、機神兵だからマキナ系に変えておきます。




なんかいた…レベル50ですよ。
超火力とか言うから、超強いのかと思ったじゃないですか!
別に名前つきでも無いので、楽に終了。
住民の不安が解消されたようです~。武器戻して、と。


気分的にアカモート行ってみます、もう大丈夫でしょう。
灰色か…レベル上げには適してますね。
アレル・テレシアが3匹いても倒せるな~。




アオロ・テレシアは黄色…
こいつ嫌いなんだ、思考読みしてくるんだもん!
かなり時間かかって討伐しました。


あ、これサイハテ村のクエストの標的だったんだ。
5匹か…頑張ります。
このテレシアたち、もともとはハイエンターなんですよね…
倒してると気持ちが重くなってきますな…




こんな状況でもダンバンさんとフィオルンのキズナトーク。
「兄の気持ち 妹の気持ち」
時期がおかしいため、ちょっと会話も矛盾が生じてますw


フ「皇都アカモートって素敵な街だよね」
ダ「ああ、そうだな」
フ「コロニー6も好きだけど、こんな街にも住んでみたかったな」
ダ「広過ぎやしないか?」
フ「そうかしら?」
ダ「・だってお前、方向音痴だろ?
  ・確かに悪くはないな」
すぐ折れちゃダンバンさんらしくないから~、上?


下がりおった!僕の仲間じゃなかったのか…
フ「えっ…!?」
ダ「よく迷子になっていたじゃないか。広い街だと困るだろ?」
フ「それって子供の頃じゃない!そんな話、蒸し返さないでよ!」
ダ「わ、悪かった…」
フ「ふーん、お兄ちゃんって私のこと方向音痴だと思ってたんだ?」
ダ「・そりゃあの時だって
  ・悪かったよ、訂正する」
上のほうが面白そうだけど、下が正解だろう!


上がった上がった。
フ「そう、わかればいいのよ!」
ダ「う、うむ…」
フ「それに私の身体にはレーダーが内蔵されているから、
  もう迷うこともないと思うけどね」
ダ「…!?」
フ「お兄ちゃんが皇都のどこにいてもわかっちゃうんだからね!」
ダ「そうか…すごいもんだな、マシーナの身体は…」
フ「うん、他にももっと出来ることが増えたんだよ!」
ダ「(フィオルン…安心しろ、俺が支えてやるからな…)」


健気ですよね、フィオルンは。
それにしても、完全にダンバンさんのほうがやり込められてる気が…
う、うむ…とか…良い兄妹ですねぇ。




ちょうど雷雨で、蜘蛛の巣みたいな稲妻が見えます!
空を粉々に砕いて消えてしまいました…
確かにこれは…ジャンル分け出来ないドキドキですね。




再びキズナトーク、「古の占星術」
メリアとカルナですか。


メ「どうしたカルナ、こんな場所で…?」
カ「きれいな星だな、と思って…
  私達のコロニーから見えた星と、変わらないんだね…」
メ「うむ…そうだったか…」
カ「ねぇ、メリア?占星術って知ってる?」
メ「・知っているが興味ないぞ
  ・もちろん知っているぞ」
上は空気読めなさすぎですよね、下。


上がった上がった。
メ「出生期と星から、性格や相性などを読む占いだな」
カ「ええ、そうよ。ホムス文化圏だけのものだと思っていたけど…」
メ「起源についてはわからぬが…
  皇祖陛下が統治した時代よりも、遥か昔から存在していたらしい」
カ「きっと、大昔の人達も同じ夜空を眺めていたのね…」
メ「ああ、そうだな…」
カ「ねぇ、メリアは占星術の結果を信じる?」
メ「・信じない
  ・信じる」
なんだこれ、シンプルすぎて推理しづらいんですけど。
…信じ…る。


上がったぜ!
メ「皇女なのに可笑しいかな?」
カ「ううん、そんなことないわ!
  女の子は皆占いが好きだもの。気にしなくたっていいのよ」
メ「そ、そうか!そう言ってもらえると助かる…」
カ「ねぇ、メリアの出生期はいつ?」
メ「私は詠星期だ。カルナは?」
カ「あら、私は薫星期よ私達の相性って、確か最高だったはず!」
メ「そうか、私の予想していた通りだな」
カ「ふふっ、メリアは何でもお見通しなのね」


可笑しいかな?っていう似合わない言葉を言うメリア、
そして占い好きをちょっと恥ずかしがってるメリアが可愛いです。
そして、このときのメリアの服装も可愛(ry




今のキズナトークのおかげで、カルナとメリアがラブラブに。
てか、これで今のパーティはみんなラブラブになりました。
…そうだ、女性みんなラブラブになったからコロニー9行こう!


ってあれ、別の子が赤いびっくりマークを…
ロコ?あぁ、お母さんの大切なものを直してきてって子ですね。
ディーンが直してくれたと伝えると…
良かった良かった、仲良し親子になったみたいです。




なぜパオラはこんなに端っこにいるんですか…探すの苦労しました。
女性同士でも仲良く出来ることを証明。
ネリネとも仲良くしておけ!助け合いのせーしんで!


ネリネに報告…ラインじゃダメか、シュルクに変えます。
パオラが考え方を変えたため、これからはきっとずっと楽しく遊べるはず。
ネリネとパオラは、シュルクとラインのように大の仲良しに!
キズナグラムでも最高の親友になったようです。ラブラブですね~。






よし、そろそろ良いか…って結局ストーリー進んでない!
たぶんもうそろそろ進めると思いますよ。
とかって毎回言いながら進んでない気もしますがね。





















そうそう、今日は久々に自転車で通学したのです。
で…いや、やめときましょう。
この話はネタになりそうなので、あとで書きますw
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ゼノブレイド | コメント:0 | トラックバック:0 
<<私には文字が見えない! | てきと~に | 宇宙飛行士への手紙/モーターサイクル/good friends>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| てきと~に |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。