ゲームやら音楽やら日常など、てきと~に書いていきます。BUMP、ポルノさん、DEENが好き。バンデラ、GEB、ニンジャガΣ2、パルテナプレイ中。ジョジョにはまってます。
http://gloriousrevorution.blog47.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
夜に色が付くまでに 秘密の唄を歌おう
2010-12-15 Wed 21:31
FC2の広告にCOSMONAUTが入ってますね~。
ようつべのトップにもCOSMONAUTが…今回はやたら多い気がします。
別にこんなことしなくても大丈夫だとは思いますが、
興味を持つ人が増えるなら…てことでみなさん、レンタルでも良いのd(ry



こん+バンプ=こんバンプ、LAMPです!



















COSMONAUTヘビーローテーションでございます~。
まだ歌詞が覚えられない…
三ツ星カルテットとウェザーリポートくらいは覚えたいな。
もちろん、最終的には全部覚えるんですけど。


今回はSCHOOL OF LOCK!の感想を書いていきますかね。
生放送教室に出席していたので。
もうリリースされましたし、ネタばれとかは良いですよね!




登場からして校長に笑われちゃってるんですけども。
まぁ校長は普通にファンらしいですしね~。
ダイヤモンドをリアルタイムで聴いてたんでしたっけ。
ファン歴は完全に負けております。


そして、また升さんは秀じいキャラですね。
前回も校長のことが曖昧なまま帰って行ったような。
普段からマイペースな感じはしますけどw




校長はファンだけあって緊張していたみたいですが、
もう慣れてBUMPちゃん、チャマちゃんとか呼んじゃってますよ。
教頭がピリッとしてますが…w
なんだろう、何か僕もちょっとピリッと(ry


しかもちょっと無理してちゃん付けしちゃってて、
顔が真っ赤になっててチャマは見てられなくなってます。
そりゃあ…10年前からずっと聴いてたのに、
いきなりちゃん付けなんて無理な話ですからね、お気持ち察しますw




そうそう、最近はBUMP LOCKS!でのゲスト講師が多くて。
おまけに宇宙学の先生ばっかりですからね~、
4人が楽しんでいるのは、僕もずっと思ってました。
そしてにやにやしてます。


チャマは収録が楽しくて楽しくて仕方ないらしいです。
PONTSUKAで宇宙の先生呼んで、どんな疑問にも答えて欲しい!
って言ってましたし…
なんとなく、PONTSUKAでゲスト呼ぶのは無理な気もしますが。




ようやくCOSMONAUTの話に!
校長も教頭も、これが宇宙飛行士を意味するとは知らなくて、
宇宙に広げたノートだと思っていたそうです。


その解釈もとっても良いとは思いますが、
そもそも…ノートブックの綴りってnoteだったような(
ここは気にしないでおきましょう!




その意味も含んでるってことにしようか?って藤くん…w
教頭に下手だよそれって言われちゃってますし。
こういう厳しいところが良いんですよね、
叱ってくれないと4人だけで暴走しちゃいますからw




校長は最初に出会ったダイヤモンドが、
完全に自分のことを歌ってくれているって思っていて、
一方通行な片思いをしている感じだったけど…


この前、BUMPが来たときにリスナーからのありがとうを受けて、
こちらこそありがとうだよ!って言っていたのを聞いて、
その気持ちをそのままアルバムに反映して、返してくれてるって思ったそうです。




片思いしているときは単なる点だった思いも、
BUMPが返してくれていることに気付いて、それが線になって…
その線が重なって、図形を描いていって、
それが大きくなって宇宙に向いて、COSMONAUTになっていると…


すげぇ良い話じゃないですかこれ。
いつも思いますけど、校長も教頭もうまい解釈しすぎですから。
で、チャマが「じゃあそれでいきましょう!」って言っちゃうから、
校長に「おかしいでしょBUMPちゃん!」って叱られちゃうんですよw




BUMPはBUMPで自分たちの曲が好きすぎて、
宣伝するにしても惚気話になっちゃって、うまく紹介出来ないから、
パーソナリティの方の言葉のほうがしっくりくるんですね…
でもじゃあそのままで!って言ったら適当に聞こえちゃいますからね?w


良いですね~、藤くんは今まで大変だったレコーディングも、
みんなからの感想を聞くための時間だったのかな…と言ってくれてますよ。
感謝してるのに感謝してくれるなんて…相思相愛ですね!(




ここで透明飛行船~から透明飛行船の話に。
教頭の解釈は…シンプルだけど本当に優しくて、
アルバム1枚を使って、不安の要素を摘んでいるような気がするそうです。


前回出演したときも語っていたように、思いっきり後押しするでもなく、
自分の好きなタイミングで行けば良いんだよ、って後ろから応援するような。
聴く側の人に何も望んでいないんじゃないか、
横に曲を置いておくから、好きなように聴いてくださいって。




なるほど~、それはもうBUMPの曲の普遍性を物語ってますよね。
リスナーがどういう風に受け取って聴くかは、
僕たちが言うことじゃないってチャマも言ってますし。


そういう曲もありつつ、物語調の曲もあったりして、
ただ単に共感させるだけにとどまらないのがBUMPだと思います。
やっぱり、藤くんにしか書けない歌詞、メロディ、
BUMPにしか鳴らせない音が組み合わさってるからでしょうね~。




BUMPは大好きな音楽を作って鳴らしているだけだけど、
聴いてくれるなら嬉しい…
あ、嫌われるとかなり落ち込んじゃうみたいですね。




全力で悲しいってw
隣に置いといてもらって、これいらねって横にずらされちゃったら
一週間寝れないみたいな…そりゃそうですよ、人間ですもん。


聴いてくれたらすげぇ嬉しいけど、聴いてくれないなら
あ、けっこう聴いてくれない感じなんだ?
へぇ~、でも別に、うん、いいんだけど、
あ、でももうちょっと経ったら聴いてもらえる感じがすると思うんだけど、
うん、でも、けっこう、それはまぁ…
ってなっちゃうらしいです。じめじめしすぎw




そうだよ、ヒロさんもうちょっとで誕生日じゃないですか!
リスナーから直接おめでとうって言ってもらったのに、
なぜかものすごい勢いでびっくりしてしまったヒロさん。


この前あそこ歩いてましたけど、ほんとやめたほうが良いですよ
とか言われると思ったそうです…
どういうことですかそれ、謎すぎますw




ここでウェザーリポート~、いったん退出して23時へ。
どうも~!で揃えてきましたねw
しかも、確実に1人どぅ~も~!がいましたよ。
升さんが自己申告しましたけどもw


あ、来年にはニューシングルのリリースが決定して…
って校長が言い出したけど、なぜか言っちゃまずいみたいな空気に。
もしかしてこれ、言っちゃいけない情報なんじゃ…




といういつもの小芝居をかましつつ、友達の唄のリリース予定発表!
校長が本気で心配になって、事務所の方見ちゃったじゃないですかw
ですね…アルバムリリースしていきなりシングルなんて初めてですよ。
来年もBUMPイヤーですね…!


アルバムと並行して、最後くらいに作られた曲だそうです。
ちなみに…藤くんに初めて聴かせてもらったとき、チャマが泣いた…?
これは気になる!いったいどんな曲になってるんでしょう!
しかし今回はCOSMONAUTがメインなので、友達の唄はここまでですw




リスナーからの、藤くんはどこから自分を見て曲を作ってるんだろう?
と思ってしまうくらい毎回共感してしまう、という感想を聞いて、
チャマもいつも同じ気持ちなんだそうです…
ほら、リスナーと同じ気持ちで聴いているんですよね。


てか正直言うと、どこから見てるんだろう、
っていうかメンバーなんだからすぐ近くで見てるじゃないですかw
おまけにリスナーからの言葉をそのまま使っちゃうしw
え!?は、はい!もちろん!って升さん…いきなり振られると…w




で、この次のリスナーの方のエピソードがものすごく良いんですよ。
小さいころから絵描いてて、周りの人が喜んでくれるから、
自然と漫画家になりたいって夢が出来たんだけど、
進学校に進んでから、周りの友達にも現実を見なよと言われて…


夢を見るのを諦めて、漫画家を目指してた母親からもらった道具とか、
今まで書いてきたスケッチブックとかも全部捨てたんだけど、
1番最初に買ってもらった万年筆だけはどうしても捨てられなくて、
机の奥にしまってて…




それからマンガは書かなくなったけど、やっぱり後悔はあって、
そんなときにオンエアされた分別奮闘記を聞いて、
気付いたら泣いてしまって、自分の夢を自分で捨てようとしてたことに気付いて、
すぐに万年筆を出してきて絵を描いて…


やっぱりすごく楽しくて、また夢を追いかけようと思ったと。
何この話。映画化出来るんじゃないですかこれ。
だって、この曲がCOSMONAUTに収録されてなかったら諦めていたわけで、
おまけにオンエアされたときに聴いてくれていたのも奇跡ですよね。


チャマも、今は映画やテレビとかいろいろなメディアがあって、
その中で音楽を選んで、しかもその中のBUMPを選んでくれたことが嬉しいって。
めぐりあわせですからね…お互いにありがとうとしか。




ここで分別奮闘記~から分別奮闘記の話へ。
教頭もちょっとドキッとして、
この曲はゴミと化した夢を持ってけ!と歌ってない…


ですね、持ってかれてないよ?いいのか!?
って歌ってるんですよね~。
持ってくかどうかも聴いた人自身に任せてるってわけで。
これもぐいぐい引っ張ってく感じとはまた違うんですよね。




リスナーから聴いたばかりで、何も言葉に出来ないという感想を聞いて、
これだけでもう充分にまとまっていると返すチャマ。
それというのも、HAPPY、66号線、セントエルモの火を聴かされたとき、
言葉にする以前に何も言えなくなってしまったからだそうです。


これは雑誌のインタビューでも何回か言ってたことですよね。
僕も今回は…この気持ちが良~く分かりました。
アルバム何回も聴いて、さて感想書こう!って思ったときに…
何書けば良いのか分からないんですよ。


良いってことは分かるし、何度も泣いたんですが、
やっぱりこの良さをどう言葉に直せば良いのかが分からない。
これが感動するってことなんだと…身を持って実感しましたね。
それでも、頑張って言葉に直しましたけど!




あ~、そろそろ終了ですか…いつもの黒板の時間ですね。
今回は4人分、大量生産されてます。
教頭が三ツ星カルテットの話をしようとしているのに、
チャマが「僕書けたぁ!」と邪魔をw


「こちらこそ」
うんうん…職業柄感謝されるようなことが当たり前になってるけど、
本当に感想を聞くのが嬉しくて、それがたくさんの人から聞けて…
こちらこそありがとう!としか言えないと。チャマらしいですね…




お次はヒロさん「よろしくお願いします!」
お願いしゃーす!ってって何がw
ちゃんと言うとどういうこと?ってチャマに聞かれてるじゃないですかw


これから傍らに置いてもらえるのであれば、
長い人生の横で、一緒に生きていってほしいなぁ…
だからよーしゃすしゃーす!
さらに適当になりましたけどね?w




で、升さん「感謝」
素晴らしい言葉を書いたのに、
チャマにこの字ぞくっとする!とか、ヒロさんにふわふわしてるよね
とか言われて、「え?何でそんな感じなの?俺なんもボケてないよ!?」
って素で困っている升さんw


ようやくアルバムが出せて、直接感想が聞けるのが本当に嬉しい、
これからも感想どしどし頼むんだそうですw
なんか…BUMPの中では感情の起伏が緩やかなほうだと思ってたので、
ここまで升さんが言ってくれると一際嬉しいですね。




最後は藤くん「完成」
COSMONAUTの完成っていうわけじゃないそうですけども?
透明飛行船は曲が書けなくて、
これ書けなかったらクビだ…メンバーにもスタッフにも、
ファンのみんなにも会いに行けないって悩んでて…


そのときに、こんなんじゃダメだといったん頭を真っ白にして、
今思ってることを全部出しちゃおうと思って書いたのが透明飛行船で。
すごい自分本位で自分勝手な曲なんだそうです。




それなのにこういう曲を引き合いに出してくれるリスナーもいて、
ありがとうって言ってくれるリスナーもいて。
自分勝手な曲だと思っていたのに、
共感してくれる淵がいてくれてとても嬉しいんですね…


分別奮闘記はシングル曲を作ってくれ、ってお題があって、
シングルって何だろうと考えてわけわかんなくなっちゃって…
これも最初に立ち返って、自分たちは形態とか関係無く曲を作ってたはずだ!
と思って作ったんだそうです。




そんな自分本位で作った曲を、
1回諦めた夢を取り戻すための原動力として聴いてくれて、
話を聞いてるときも作ってたときのことを思い出して…
ほとんど何もしゃべれなくて、すごい感動しちゃってたんですね。


チャマも言ってたように、BUMPが曲を作るのは聴いてもらうためで、
聴いてもらうこと前提で曲は生まれているはずだから…
分別奮闘記は偶然聴いてくれて、奇跡的なことが起こったけど、
それも曲の役割だと思うと…感慨深くて絶句しちゃってたと。




完成系も十人十色で、BUMPは感想を聞いても頷くことしか出来ないけど、
感想を聞けることはとても嬉しくて、
届いたファックスとか見てるだけでも、嬉しすぎて仕方ないんだそうです。


たくさんのミュージシャンが曲聴いてね!とか、
曲聴いてくれてありがとう!と言うけど、
それは聴いてもらえないと曲として成り立たないから…
完成したとしても、それは曲じゃなくなってしまうと…




完成させてくれたのは、ラジオの前のみんな、
今聴いてくれてるみんなだって。
なんだろう…泣けてきますね、本当に。


僕たちが素晴らしい曲を届けてくれてありがとう、
素晴らしい曲を作ってくれてありがとうって言ってるのに、
これを完成させてくれたのは君たちなんだよって言ってくれてるんですよ?
あぁ…これだからBUMPは好きなんだよ…!




ちょっと藤くんの話が長すぎて、正直ギリギリだったみたいですが、
校長はほんとに好きだから…ずっと黙って聞いてましたね。
1回だけ相槌打ったときの反応が印象的です…すっごい真面目に聞いてる…!


校長が僕たちを代表してありがとうって言ってくれましたし、
僕も満足です…ってなんか本当に涙出てきた。
僕たちも一緒に曲を作ってるってこういうことなんですね!






長かったですがこれで感想は終了です~。
いやぁ…COSMONAUTに込められた思いとか、ファンへの想いとか…
すごく良く伝わってくる、良い回でした!





















YouTube Japan Blogより
2010 年、日本国内で急上昇した動画検索キーワード(月別、11 月まで)
1 月:涙
2 月:オリンピック
3 月:北乃きい
4 月:BUMP OF CHICKEN
5 月:ヒルクライム
6 月:ワールドカップ
7 月:倖田來未
8 月:Perfume
9 月:君に届け
10 月:Gee
11 月:海上保安庁(REWINDチャンネル上では未掲載。近日中に反映予定)


これすごいですね…4月のとこにBUMPが入ってますよ。
え~っと、HAPPYと魔法の料理のときですか。
みんなのうた効果半端ないですね…鬼に金棒的な感じで(
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | BUMPの色々 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<左手がッ…疼くッ! | てきと~に | COSMONAUT>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| てきと~に |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。