ゲームやら音楽やら日常など、てきと~に書いていきます。BUMP、ポルノさん、DEENが好き。バンデラ、GEB、ニンジャガΣ2、パルテナプレイ中。ジョジョにはまってます。
http://gloriousrevorution.blog47.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
地球の上飛ぶのって嫌なんだ 白い羽が汚れるから
2012-01-29 Sun 05:31
またもや遅い情報を取り上げます。新・光神話 パルテナの鏡の…
ソースではトレーラーについて大々的に取り扱っていますが、
僕が気になるのはパッケージの違い。日本版のほうは空が赤くなってますよ。
いや…オレ、天使の「赤い空が迫りくる」を連想させるってだけです。



こん+ばんは=こんばんは、LAMPです!





















さぁさぁ。DEEN LIVE JOY-Break16 ~Graduation Party~に行ってきました!
東京公演ですね~僕は知らなかったのですがファイナルだったそうで。
DEENは初ライブだってのに、記念すべき日に参加させていただいて幸せでした。


ライブの中身の話を書く前に、そこに至るまでのことでも書きましょうかね。
もちろん1人で行く勇気はまだないので…今回も相方さんの存在が。
相方さんは遠くから飛行機で来るんですよね~1人で飛行機とかすごすぎる。




待ち合わせ時間は14:30。記事に書いた通り、余裕をもって14:00に着く予定。
会場が見つからなくて迷うって言う可能性もありますし、
乗り換えがうまくいかなくて遅れるって言う可能性もありますからね~。


そんな心配をしつつ朝…まさかの地震ですよ。これには驚きました、
って言うか最近の地震ではかなり大きかった気がします。
相変わらず眠すぎて、夢と現実の狭間でもがいていたんですけども。




まぁ被害もないから問題ないかな、と楽観的に考えていたところ、
父親から「小田急線が30分近く遅れている」との連絡が。
えっ…いやいやいやいや待ってくださいよ、そんなん困りますよ。
いくら余裕持ったって言ったって30分じゃ確実に遅れる。


なんか以前に遠征したときも地震のおかげで困らされたような。
ほんっとに、地震なんていらない。いいことが1つもない。
地球の生理現象みたいなものなので、仕方のないことなのですが…




急いで昼食の塩焼きそばをかきこみ、予定よりもほんの少しだけ早く出ました。
しかし…意外にもすぐに電車が来た上に、特に遅れることもなく到着。
地震からだいぶ経ったから復旧してたんですね。遅れるよりは全然良いですね!
なぜか人が多くて、新宿まで座れなかったのは非常につらかったですけど。


新宿では山手線に乗り換えます、この辺は慣れたものですね~。
以前は迷いながら間違いながら進んでいましたが、
道を覚えちゃってますもん。同じ道通るぶんには新宿は分かりやすい。
1個道を外れると途端に迷宮になるあたりが恐ろしい。




次は…大崎駅?で降りて、りんかい線に乗り換えて。
初めて乗る路線ですけど…案内板が親切だったおかげで迷うこともなく。
ここまで迷わずに済んでいるってのは僕にしては奇跡ですよ。
成長したんだなぁ。以前は1人で新宿になんて来たこともなかったのに。


やたら人が少ないのですが大丈夫ですかこれ。1車両に1人単位。
と思ったら。なるほど、向こう側の電車のほうが早く出発するんですか。
でもまぁどっちでも間に合いますし、こっちは座れるし。
ちょっとの時間ではあるけど、座って悠々と無双でもするのです。




本当にちょっとの時間乗って、東京テレポート駅に到着。テレポート…だと…
ここから目的地は歩いて5分くらいだったかな。
それぐらいなら別に目印メモる必要はないかと思って。何も用意しませんでした。


これが間違いでした。駅の案内板とかマップにも目的地が書いていないとは。
どっちに行けば良いのか分からないので、とりあえず外に出てみます。
さ、さらに分からない。街と言うよりも単なる高層ビル群じゃあないですか…




立ち止まっていても物事は進みませんん。歩くんだ僕、その先に道は開ける!
え~っとなんですかこれなぜか風がものすごいことになってきました。
そしてこのまま進んでも目的地に着かないような気がしてきたので、携帯ナビを起動。
最初から起動しろよって話ですね。


あぁ…逆でした。真逆。戻って、駅の向こう側ですよ。
何と言う無駄足。このおかげで待ち合わせに間に合うか微妙になりましたね。
ギリギリなのにもかかわらずサンクスでレモンティーとか買っちゃうし。
しかもこのレモンティー、意外と喉乾かなくていまだに飲んでないし!!




なんかそれっぽい建物を発見。たぶんこの建物群の内側にあるんでしょう。
しかしどうやって入れば良いのかまったく分からないわけで。
ここ…は違うよね、下に関係者専用入口って書いてあるね、危ない危ない。
近くにいた誘導員さんがめっちゃくちゃ怪しい目で見てるよね!


ひたすら建物の外周を回ってみても、入れるような場所が見つからない。
そうこうしているうちに待ち合わせ時間になろうとしているよ~
って…あら、相方さんから電話。今どの辺にいるのかと。えっと、建物の外周。
僕らしき人を見かけたので連絡したそうです、君はスナイパーか。




言われるままに戻って歩道橋を見上げてみると、そこにはそれらしき人が。
なるほどね、階段で歩道橋に上がれば入れたんですね。
まったく気付かなかったぜ。やっぱり東京は田舎者には厳しいのです。


急いで上がってようやく合流。いやぁもう、お手数かけました申し訳ない。
今回の相方さんはディさんです~もちろん会うのは初めて。
顔も初めて見ましたが、予想通りの爽やかイケメン。モテるんでしょ!!!
黒いコートで決めちゃってさ、てか僕の灰色コートと色違いj(ry




さっそく会場に行ってみます。なぜか車の展示場を通って。
ここっていろんなお店とかアミューズメント?的なものが入ってるのですよ~、
要するにおおよそ僕には似つかわしくない場所って言うことです。
洋服のお店ばかり並べられても、僕は魅力を感じないんだぜ?


会場にはすでに列が出来ていました。どれぐらいだったかな~70人ぐらい?
開場は17:00なので、これはライブグッズの列ですね。
ライブグッズの販売開始は15:00だったかな…せっかくだから今から並びますか。
僕が迷っていたおかげで意外にもちょうど良い時間になってたし!




ぬぅ。15:00になっても販売開始されない。準備をしているらしい。
もしかしたら地震のせいで会場入りが遅れてしまったのかもね~、
みたいな話をしながら。めちゃくちゃスズメが多いんだけど…みたいな話をしながら。
エサをもらえると思っているのか、すごい数が集まってきていたのです。


初ライブハウスってやつ


載せるの忘れてた、これが今回の会場。Zepp Tokyoですね~。
ライブハウスなのでアリーナと比べるとかなり収容人数が少ないみたい。
椅子ありだと1200人ぐらい、スタンディングだと2500人ぐらいか。
とか言ってる間に販売開始されましたね、さぁ何買うか決めておかないと。




Tシャツは買う。タオルも買う。そのほかに何を買うのかって話。
ストラップは欲しいよね~、パンフレットも記念にいただいておきたいよね。
トートバッグは無いと買ったライブグッズが入らなくなっちゃうし。
パーカーも欲しいけど、ちょっと高すぎるから諦めます。10000円ってね…


もう1つ決めるものがありました、どのTシャツを買うのかですよ。
デザインは同じなのですが、色違いが3種類あるのです。
黄色はちょっと…色が強すぎて、ふだん着るにはきつすぎるよなぁ。
黒は無難。となると、うん。カーキにしておきましょうか。




ディさんとまさかのペアルック。いいんじゃないですか。
出費は10000円を超えてしまいましたが…まぁこれもいいんじゃないですか。
こういうところで出し惜しみして後悔するよりマシなのです。


買ったあとは開場まであと1時間ほどあったので、あたりを散策してみます。
とは言っても…どこに行っても洋服屋さんぐらいしかない。
観てても面白くないんだよなぁ。と言うかこの状況で買っても仕方ない。




子どもがロープでがんじがらめにされて空中遊泳するやつは面白かったですね。
あれ面白いんでしょうか。観てるこっちはもちろん面白いですけど。
何度観てみても客足は好調なままでしたし、お子様には好評なんでしょうね~。


ニトリ…なんて行っても仕方ない。ん~、ちょっと椅子に座って作戦会議。
こういうところで普通に寝られる人ってある意味すごいと思うんだ…
ってのは置いといて。ライブ後の食事場所を探すため、フードコーナーにでも行きます。
迷ってるうちに満席になっちゃう、なんてごめんですもん。




中華屋さんやら和食屋さんやらイタリアンやらベトナム料理店やら…
いろいろありますねぇ。まぁ、今は細かく決めないでいいか。
とかやっているうちにちょうど良い時間になったので、ライブ会場に戻ります。


列が出来てますね。どうやらここに並べば良いらしい。
もう片方の列はスタンディングか。指定席とスタンディングがあるんですね。
ディさんが取ってくれたチケットには指定席が書いてあったので、問題なし。
スタンディングだと荷物とか置くの大変だろうなぁ。




ここでも開場時間が過ぎたと言うのに、一向に開く気配が無いと。
今度は席の調整が遅れているようです…これも地震のせいなんだろうな、たぶん!
正直この時間になると超寒いので早く中に入れて欲しいところ。


やっと入れますか。え~っと、ライブハウスは入るのにドリンク代がいるんですね。
500円。これをメダルと交換して、それを中でドリンクと交換。
普通のペットボトルのドリンクなのでずいぶん割高だな~とは思いますけど、
おそらくは入場料的なものも含んでいるんでしょうね。




メダルを烏龍茶と交換して…まだ会場内には入れないんですか。
周りで時間をつぶさないと、CDとかDVDが売ってますね。
欲しいけどお金が無いんだよなぁ。ポスターくれるらしいけども。
普通にお店に貼ってあるようなポスター…欲しかった…


DVDのほうは、武道館のDVDを買うと先着でサイン付きステッカーがもらえると。
マジですか。3人いずれかのサインが入ってるってことですよね…
しかしこっちはCDよりも買えない。これ買ったら破産しちゃいますってば。




そんなことしてるうちに入れるようになったらしく、座席に行ってみます。
僕たちの座席は2階。左端のほうでしたね、2階席は初めてだ。
会場はそんなに広いわけじゃないし、ここからでも充分に姿が観えるはず。
むしろ会場全体が見渡せて、2階席って意外といいかもしれない。


DEEN以外の話ですが…30日、同じこの会場でBUMPがライブをするのですよ。
それに僕もディさんも参加するのです。すごいですよね、このめぐりあわせ。
今はDEENマークが輝いているけど、ここにもBUMPマークが…
どちらも好きだから感慨深くなっちゃいます。




ライブ前の話はこれぐらいにして、ライブレポは…追記に隠しておきますね。
ってことで、ライブ直後から再開します。
ライブが終わったあとは~、とりあえず会場から出るのが大変だった。
お決まりのことですけどね。階段が狭くて狭くて。


何とか出て、まずは夕食でも食べに行きますか~。
意外にも空いてる。正直食べられるならどこでもいいって感じだったので、
最初に見つけたお店にイン。イタリアンっぽいお店でした。




あんまり高いのはアレだし、出来れば安いものにしておきたいな。
でもせっかく東京に来たんだから美味しいものがいいな。てか個性的なもの?
ちょうど「大人気!」って書いてあるのがあったのでこれにしよう。


ミートソースとかでも行けると思う


なんてメニューだったかな~。オムライスパスタのカルボナーラ風だったか。
味は想像した通りです、とにかく優しくてホッとする味。
卵と乳製品が合体すると無敵のパワーを発揮しますよね。
美味しかったです。作るのは手間かかりそうだ、2つ作るわけですし。




ここではライブについてと、セットリストについて話してました。
記事書くために出来るだけ思い出しておきたいですからね~。
しかしやっぱり、かなりあいまい。最初あたりと途中は良いんですけど、
どうしても中盤あたりの順番があやふやなのですよ。


「この曲とこの曲の間に何かあったはずなのに、それが何か思い出せない…」
みたいな状況になったり。最終手段でiPodに入ってる曲名を実て、
ピンと来るかどうかを試してみた…のですが、まさかのピンとこないと言う。
気のせいだったってことかな。なんか微妙に不完全燃焼。




食べ終わったあとも思い出そうと努力してみましたが、やっぱり思い出せず。
諦めてお店を出ました、メモとかしておくべきだったかな…
ライブレポに載ってるセットリストは…ほかの公演を参考にしたものなので、
間違ってる可能性もありますがそこは目をつぶってくださいね。


時間は22:30ぐらいになってたっけ。たぶん。それぐらいだったはず。
さすがに遅いですし、さっさと駅に向かって大崎駅まで戻ります。
ここでディさんとはお別れ。ホテルは大崎駅にあるんでしたっけね~。
今日は本当にありがとうでした、お手数かけました申し訳ないお疲れです!
とは言っても…30日にも会うことになるんですけども。




このあと僕は悠々と座って帰ろうと思ったのに、
途中で自分の乗ってる号車が切り離されることに気付いて移動して、
ほぼ満員電車な状態で家に帰ってきたのはどうでも良いですね。


最寄駅に着いたのに出れないから「すみません降ります!」
って前の人に言ったら「すみません…」って必要以上に謝られて、
申し訳ない気分になってしまったのもどうでも良いですね。
てか別にそっちが謝る必要はないと思うんだ。電車に乗ってただけだし。






ライブ以外の出来事はこんな感じ。では、追記のライブレポに行きますか。
当然ながら盛大にネタばれしておりますので、いやな方はお気を付けを。


あ、すみませんコメント返しと訪問返しはお昼にさせてください。
ただいまの時間は3:10、更新するころにはいつになることやら…
って感じですので。徹夜はさすがに無理なのです。




















ライブが始まる前に、ディさんと「1曲目は何が来るかな?」
と言う話題でひとしきり盛り上がっていました。
僕はBrand New Wingだと思ったんですよね~。最新シングルですし、
盛り上がる曲だから1曲目にはピッタリなんじゃないかと。


対してディさんは、有名な曲を持ってくるんじゃないかと。
未来のためにとか。前回行ったライブではまさにそうだったらしいです。
卒業は…さすがにないですよね、やるとしても最後になるのかな。




そんなことを話しているうちに会場が暗くなり、割れんばかりの拍手が。
え~っと…まずあれです、ポルノさんのライブと違うところが多くて戸惑い。
ほとんどの方が私服を着ている。ライブTシャツじゃない!
確かに冬に半袖着るってのも厳しいと思いますが…僕は着ました。


んでもってタオルは別に使わない。これはね、それぞれあるからね。
ポルノさんのライブしか行ってなかったから新鮮だ…
他にもいろいろ違いがあるのですが、それは追々書いて行きましょう。



さぁ、1曲目は何なのでしょう。このイントロは…あれですね。






1.Brand New Wing
予想的中おめでとうございます、ゴールドひとし君人形ください!
登場したメンバー3人は、Brand New WingのPVと同じくお洒落な正装。
真っ黒なスーツがビシッと決まっていますね。


そして池森さんの横にはダンサーさんが。やはり踊るのか。
振りもあったのですが…ちょっとこれは僕には難易度が高かった。
もっとDVDが擦り切れるほどPVを観ておくべきでした。




それにしても、やっぱりライブっていいですよ。
あんなに大好きで何度も何度もCDで聴いて、PVとかで観て。
でも遠かったあの人たちが、目の前で演奏している。
その事実を考えるだけでも自然と涙が流れてくるのです。


歳取ったかな…Brand New Wingはノリの良い曲で、
応援ソングでもありますけど、別れも歌っていますからね。
どことなく切なさを感じさせる歌詞がまた涙を誘う。
でもやっぱり盛り上がる!これはライブで聴きたかったんだ…!!






2.The DAY ~僕らは終わらない~
やはり最新アルバム、Graduationの曲を中心に構成される模様。
しかし2曲目にこの曲が来るとは予想外だなぁ~、
最初からアップテンポな曲で畳み掛けてくると思ったのに。
…歌詞が一部飛んで池森さんが苦笑してたのは気のせいかな。




ライブ映えしますよね、この曲。手拍子が非常に心地良い。
池森さんはBrand New Wingと同じく踊っていますし、
巨匠はノリノリすぎる。PVでノリノリすぎて憧れた巨匠が目の前に…!


リーダーが意外と淡々とキーボード弾いてるのは仕様ですよね。
と言うかたぶん、あとのために体力を温存しているんだろう。
彼には頑張らなきゃいけないことがありますもん。違う、友人でしたか。






3.Diamonds ~絆~
こちらもGraduationから。これもライブ映えする曲ですね~、
1人で聴いているときとは断然イメージが違う。
ここまでノリノリになれる曲だったんだ、と新たな発見があります。


何度も書いてますが、とにかく池森さんのダンスがカッコいい。
ダンスに合わせて手拍子をするのが気持ち良いのですよ、
DVD欲しくなってくるなぁ…と言うかこの曲にPVが欲しくなってくる。






4.memories(DEEN The Best キセキ)
シングルバージョンではなく、キセキver.での演奏です。
おそらくビーイング時代の楽曲はすべてこのバージョンなんでしょうね、
このあとの曲もキセキver.のものが多かったので。




memoriesはカップリングにライブテイクが入っていたのですが、
本当に盛り上がっていて、ライブで聴いてみたいと思っていた曲なのでした。
それを読んでいるのか…やってくれて本当に感謝。


ラップのようなメロディに合わせて踊る池森さんがやっぱりカッコいい。
ノリノリでギターをかき鳴らす巨匠もやっぱりカッコいい。
ちょっと熱くキーボードを弾きつつ歌うリーダーもやっぱりカッコいい。
いいですねぇ、3人の魅力が最大限に発揮されてるよ!






5.瞳そらさないで(DEEN The Best キセキ)
おぉぉぉきたぁぁぁぁ!!いやどの曲も大好きなんですけど、
やっぱり…有名でキャッチーな曲が来るとテンション上がっちゃうのです。
この曲なんて、とってもノリがいいからライブ映えするはずですし。


瞳そらさないではキセキver.のほうがライブに合うのかも…
ドラムが好きなのですよ、タタッタッタッタッタタタタみたいなところ。
全然分からないですね。ニュアンスで掴んでいただければ幸いです。






おそらくここでMCが入りました。どんな感じだったかな~、
たぶんここでは軽く挨拶的なことをしていたはず。
ぬあぁぁ覚えてない…すみません、でも断片的には覚えているぞ!


池「この曲があったからこそDEENが生まれ、そしてみなさんに出会えた。
  そんな素敵なめぐりあわせをくれた曲だと思っています。
  その、DEENの記念すべき最初の曲を聴いてください」
と言うようなニュアンスのことを仰っていたんだと思っていてください。






6.このまま君だけを奪い去りたい(DEEN The Best キセキ)
この紹介があったら、当然この曲が来ますよね~。
DEENのファーストシングル。池森さんの美声が光り輝く曲。
ほんっとにバラード映えするお声だと思いますよ。


さっきまでそれなりにアップテンポな曲が続いていたので、
ここで一区切りって感じもあります…落ち着いて聴けて良いですね。
始めて行ったライブで1番最初の曲を聴けた、
ってことで。かなりの興奮はもちろんありましたけども。






7.夢であるように(DEEN The Best キセキ)
そしてこの曲ですね。ファンでなくても知ってる方は多いはず、
僕もDEENで初めて知った曲はこれだったと思いますし。
テイルズの主題歌ですので…って紹介もいらないですけどね~。


バラードっぽい曲調だから手拍子してる方が少なかったのですが、
キャッチーで思わず手拍子したくなってしまったので…
僕はしてました。ほかにも少数ですが、手拍子してる方いましたし。
自分の楽しみ方で楽しめば良いんですよね。






曲が終わったと思ったら会場が暗くなり、BGMが流れ出しました。
周りの方たちはなぜか座り始めるって言う…僕たちも…座りますね、はい。
何が始まるのか良く分からなくてちょっと不安ですよ。






8.セレナーデ
サポートメンバーさんが引っこんで、3人だけでの演奏。
巨匠とリーダーがアコギを、池森さんはボーカルを担当しています。
DEENのライブではおなじみのアコースティックコーナーですね。




こういう演出と言うか、メリハリを付けてお客さんを飽きさせないように、
出来るだけ楽しんでもらえるようにするって思いが伝わってきますね。
バンド演奏では出せないようなニュアンスをアコースティックで伝えると。
どちらも好きですけどね…響き方がまったく変わるのです。


いつも通り、巨匠はほんっとうにノリノリで弾いちゃってますよ。
足でリズム取って…ギターを弾く手も忙しなく動いてる。
対してリーダーはと言うと、やっぱり巨匠に比べると穏やかな感じ。
そつなく弾きこなしてる感じがする…マルチな才能ですね。






ここでMCが入ったはず。かなり長めだったと思います。
どんなだったかな…思いつく限り書いていきますか。




田「今日地震ありましたよね?」
池「あったね~」
田「なんかすごい変な揺れ方しませんでした、どーんって」
池「あの…4分ぐらいあとに来たやつでしょ?」
田「そうそう、あれでものすごいびっくりしちゃって、
  もうぐっすりと眠れちゃいまして…」
池「寝たんだw」
田「いや、まだ起きるには早いかな~と思いましてw」
ライブに行って意外だったのは、田川さんが本当に良くしゃべってくれる。
ラジオとかのイメージだと池森さんメインだと思っていたのに。
しかも良くボケるんですよね…そのたびに笑いをかっさらっていくのはさすが。


田「そういえば、ツアー中にタクシーが事故ったんですよ!」
池「そうそう、僕たちが乗ってるタクシーが接触事故起こしちゃって」
田「まぁそんなにひどくなくてちょこんって当たった程度だったんですけど」
池「本当は事故とかあると証明書とか書かないといけないんだけど、
  僕たちそう言うわけにもいかなくて…会場に行かないといけないし。
  そこで運転手さんが相手に説明してくれて、急いで会場に行ってくれて
  そんなに距離もなかったからさ。あとで戻ってくれたみたいなんだけど」
怖いですね~、接触事故って…一歩間違えば、なんてこと考えたくない。


田「そんなわけでね、アクシデントもいろいろあって…」
池「アクシデントって言ったらあれじゃん、巨匠美味しいのあるじゃん!」
田「え?いやいや、あれは違うんですよ!
  いや…いつも僕たちが使ってる車両寄せの場所って言うのがありまして、
  僕はそこに行ったんですね。いつも通りここなんだろうな~と。
  そしたら今回に限って違ったらしくて、僕違うイベントの方と一緒に…
  ギター運びましょうか?あぁ、すいませんとかしちゃったりして。
  それでそのイベントの主催者が…加山雄三さんだったと」
池「マネージャーも付いて行っちゃったんだもんね」
田「そうなんですよ、マネージャーも勘違いしちゃって…」
加山雄三さんって。と言うかマネージャーさんすらも気付かないって。




いかん、リーダーがお話してくれたことをほとんど覚えていない。
でもまぁ空気感は伝わりましたかね?こんな感じで、
けっこう突拍子のない話をポンポンと投げてくれるのですよ。


トークショーみたいな感じ。これがDEENのMCの特徴だと思います。
ここまで気軽に聞けるMCってのはなかなかないんじゃないかな。
リラックス出来るんですよね~…それでいて面白いって言うのが。




田「今日はファイナルと言うことでね。
  もう明日インフルかかってもいいわけですよ!」
池「いいんだw」
田「いやまぁよくはないけど…我々もこれから、いろいろやることありますし。
  いろいろと言えばね、明日はこんなことがあります!」
急にギターを弾き始めた巨匠、池森さんが歌っているのは…


バーステーソング!そう、明日はリーダーの45歳の誕生日。
今日は前夜祭なのでした~こんな日に来れるって言うのも幸せですね。
みんなでバースデーソングを歌っていると、
スタッフさんがプレゼントとケーキを持ってきてくれました。




山「ありがとうございますみなさん!
  僕ももうね、ツアーもファイナルと言うことで、
  生牡蠣なんか食べてみたいと思っちゃってますから!」
田「チャレンジャーだなぁ~w」
池「カキずっと食べたいって言ってたもんね、
  オイスターマスターだもんほんとに…」
山「え、もしかしてこのプレゼントの中身ってカキだったりする!?」
池「いやいや、それはないからw」
ちなみにリーダーは、このあとカキ鍋を食べたんだそうです。
そりゃあね。生牡蠣食べて本当にあたったら怖いですもんね。


山「ところで!みなさんにお聞きしたいんですけど、
  この中でカウントダウンライブにも行ったよ~って方、
  どれぐらいいます?」
池「あ、でもけっこう…」
田「いますねぇ」
山「じゃあ今回がDEEN初ライブって方!初生DEENだって方!」
池「ちらほらといるね~」
山「じゃあ今回初めてDEENを知ったって方?」
池「それはいないでしょw」
山「いや、友達に連れてこられて…こんな人たちいたんだ~みたいな」
初生DEENですよ!そしてオチを付けるあたりがさすがリーダー。






8.もみの木の下で…
このままではキリが無いのでこの辺で切り上げておいて、
次の曲。これもアコースティックver.でお届けしてもらいました。
アコギの音がかなり強かったように感じましたね~。


アレンジも効いているけど、原曲のイメージを損なうことなく、
異なる解釈が出来るようになっている良アレンジ。
ライブでしか楽しめないver.って言うのも良いじゃないですか。






ここでまたもや楽器替え。アコースティックコーナーは終わりかな。
次はどんな曲が出てくるのかと思っていると、アップテンポな曲調が。






9.UTOPIA
おぉぉぉぉギターインスト!これを入れてくれるとは!
インスト曲ってあんまり聴かないほうなんですけど、
これは大好きなのですよ。ギターが叫んでいるような迫力で。


ノリがめっちゃくちゃ良い。リズムに合わせて体を揺らしたり、
手拍子したりするのが本当に心地良いのです。
ボーカルが無くてもここまでハマる曲を作れるなんて…




何と言っても、巨匠のノリノリ具合がたまらなかったですね。
ステージを広く使えるからって大はしゃぎて右から左に走っていったり。
跳びながら弾いたり見せつけながら弾いちゃったりと。


巨匠って本当に…贔屓目ではなく、技術力がすごいと思う。
ソロでやっているほどですし当たり前だとは思いますが、改めて実感しました。
ギターソロとかほとんど原曲とは違う、アドリブっぽいですし。






ちょっとしたMC。
田「この曲はギターの魅力を最大限に引き出そうとして作った曲で、
  それを今回、最高に表現しつつ弾けたかなと思います!」
あんな走り回りながらですもんね~、表現出来まくってたと思いますよ。


池「ここでちょっと、みんなと1つになりたいな~と思って。
  次はこの曲を」
みんなと1つに…もしかしたらおなじみのあの曲だろうか。






10.ひとりじゃない
やっぱり来た!DEENのライブでは定番となっているこの曲。
皆勤賞を達成しているそうですよ、おなじみってレベルじゃないですね。
最初からずっと演奏しているこの曲まで聴けるとはッ!


手拍子してるのは気持ち良かったのですが、振りがあるのは知らなかった。
「もがけばもがくほど 孤独を彷徨ってた」
「君の家が見えてきた 足早になってゆく」
の部分では走るような振りをするんですよね…これは独特すぎる。
勉強不足でした、でももう覚えたから大丈夫なんだぞ!






11.果てない世界へ
ロックコーナーに突入です。果てない世界もやってくれたか!
この曲はCDの特典DVD入っていた、ライブで演奏されていた曲でして。
ぜひ聴きたいと思っていたらすぐやってくれるんだからもう…


非常に盛り上がる曲だから跳んでみたかったんですけど、
ちょっとね~意外と尻込みしてしまうと言うか。
座っている方もいるくらいなので…この辺は志向の違いなのかな。
じっくり聴くよりも盛り上がりたいんですよ僕はぁ!






12.I wish
これもやってくれただと…絶対ライブじゃ盛り上がると思った。
だって1人で聴いてるだけでもノリノリになるんだもん、
あんな曲調だもん。ライブで盛り上がらないはずが無いのです。


予想は的中。おっおっおーのところは手を前後させるんですね~。
複雑な振りではないですし、これにはすぐに慣れた。
そしてノリノリ。やっぱりこの曲は良い、可愛らしいメロディだ。






13.ROAD CRUISIN' ~ジョニーとルーシーの物語~
ガンガン来ますね~、これもGraduationからの1曲。
巨匠のギターソロからバンドサウンドが合体していくのです。
カッコいい…ギターだけでもだいぶノリノリですよね。


曲自体はHey JohnnyとOh Lucyがやたらと耳に残るのですが、
それ以外のところもキャッチーなメロディですね。
そっちばっかりに耳が行ってしまってほかのところを聴けてなかったぜ…
曲の新しい魅力を発見出来る、ってのもライブの良さですよ。






14.Family
意外な曲だ。でも曲調はノリノリだからライブ映えはします。
家族への感謝をすっごい率直に歌っているんだけど、
それをバラードではなくロックにしてしまうあたりがさすがリーダー。


「Family!」ってところ、みんなで叫ぶんでしたか。
あっという間のことで分からなかった、これも次回への課題ですね~。
DEENは曲が多いから次もやってくれるか分かりませんけども…






15.NEXT STAGE
きたぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!個人的に大好きな曲!!
絶対に!絶対に!!ライブ行くなら、絶対に!聴きたいと思っていた曲!
やってくれたよ、そりゃやってくれるとは思ってたけど感動だ…


あのイントロのドラムの音が聴こえたときからテンションマックスで、
手を高く上げて手拍子しちゃってましたね~。
小さくやるなんてつまらないですもん、やるなら堂々と!




やっぱり、3人それぞれのソロパートがあるってのが良いですよね。
安定感のある池森さんの声と、半端なくイケボな巨匠の声と、
ハイトーンボイスがたまらないリーダーの声が紡ぐ未来への讃美歌。
なんだろうこの表現…思いつくままに書いてみただけです。


それぐらい大げさに言いたくなるほど、この曲は最高でした。
今までも好きだったけどさらに好きになってしまいそう…
またいっぱい聴こう。で、ライブの光景を思い出すのですよ。






ここでMC。確かDEENはバンドでの活動はしばらくお休みにして、
3人で演奏出来る楽曲を中心に作っていく、ってお話だったかな。
つまりは…ベースやドラムのない曲ってことですね。


簡単に言えばアコースティックな楽曲になるんだと思います。
だから、LIVE JOYもしばらくお休み。もしかしたら1年ぐらい休むかも。
マジですか…初ライブがそんな節目になっているとは。




池「以前のライブでもやって、今年中にリリースすると言ってたのですが…
  ちょっと年を跨いでしまって。今年、皆さんにお届け出来ると思います。
  決してレコード会社ともめてるとかじゃないですよ!」
いやそう言う心配はしてません、DEENは礼儀正しいんですからね~。


池「と言うことで、最後はその新曲を演奏したいと思います。
  聴いてください」
新曲ですか…ライブで新曲やるのって割と多いんですね。






16.心から君が好き
表記は分からないので、とりあえず全部漢字にしておきました。
心から君が好き。とってもストレートなタイトルですよね。
アコースティックで思いや表現をストレートに伝えられるからこそ、
こういうタイトルにしたのかもしれません。


曲調としては、正統派なバラードな感じ。ゆったりとしています。
タイトルに表わされているように愛を歌っています…
正直言うと歌詞については、あんまり聴き取れていないんですよね。
しかし、また聴きたいと思わせてくれる曲。春ごろにリリース来るかな~。






とりあえずライブは終了、サポートメンバーさんを含め退場して行きました。
行き着く間もなくアンコールの声援が。やっぱりあるんですね。
「アンコール!」と言う具合に、DEENのアンコールの声援は割と普通。
ここで凝ってどうするんだって話ですけども。


意外と時間が経って、…あれ、なんか様子がおかしいですよ。
なぜか燃えよドラゴンの効果音が鳴り響いています。
そしてその効果音とともに聞こえるのは、ヤツの声だ!




「人気ロックバンドDEENの助っ人として、
 再び上海ロックスターがやって来てくれたぞ!
 またもやアンコールを賑やかしてくれるわけだが、
 今回は前代未聞なことをしてしまうらしい!
 神聖なライブが中止とならないよう、みんなも祈っていてくれ!」
何なんでしょうこのノリ…大人っぽい雰囲気は消え失せてしまいました。


明かりがつくと、なぜか背中にボードをくっつけた上海ロックスターが。
今回の衣装はすごいですねぇ、なんかもっふもふしております。
スタッフさんとリーダーの手作りだったりするんでしょうか…大変ですね。




ロ「人気ロックバンドDEENの友達と言うことで、やってきたぞ!
  いつもはDEENのみんなと一緒…DEENのみなさんと一緒にやってたけど、
  今回はなんと!カラオケでやってみようと思う!!」
客「えぇ~!」
客「いぇ~!」
ロ「えぇ~といぇ~が入り混じってるんだけど…!」
ライブでカラオケをやっちゃうんですか!た、確かにこれは前代未聞だ。


ロ「文句は言わせない!」
客「えぇ~!」
ロ「あのね、えぇ~って言われると、けっこう本気で傷付くよ?w」
まぁまぁ…愛情の裏返しってやつですよ!






17.LOVERS CONCERTO ~上海ロックスター Episode2~
エピソード2きたぁ!上海ロックスターの中でもノリの良い曲!
って言うか…いろんな意味で様子がおかしいんですけども。
周りのパラパラダンサーズが出てきてるし、アレンジが違う…?




まさかのアゲアゲパラパラアレンジ。こ、これはすごすぎる。
サビにいちいち「Fu Fu」って言う合いの手が入ります。
そして全編パラパラが入ってます…こりゃあやるの難しいぞ。


本当に、イントロのところとかサビのところはパラパラなのですよ。
手をグルグル回したり、手と腕を斜めに向けたりして。
さすがに出来なかった…で、でもこれは次回はやりたいと思います。
これぐらい思い切ったこと出来れば新境地が見える気がする。






ちょっとしたMC。
池「いやぁ~…すごかったね、上海ロックスター!」
田「(パラパラしてる)」
池「そうそうそうwあの人はね、ほんとに。
  みんなを楽しませるために、自分を捨ててますからね!
  その姿に僕、心を打たれてしまいました…」
確かに打たれますよね。だってあれリーd…おや、誰か来たようだ。


山「…」
田「ちょっとちょっと、無言で座らないでくださいよ!」
池「上海ロックスターすごかったんだよ!?」
山「あぁ…そうなの?」
池「そうそう、もうパラパラがね!」
田「(パラパラしてる)」
山「なんか向こう(上海)では流行ってるみたいだね」
池「リーダーも観れば良かったのに…」
山「いや…トイレ行ってたから」
田「長いトイレだなw」
山「なんか盛り上がってるな~と思ったんだよね~」
すごい苦しい言い訳ではありますが、これで良しとしましょう。




池「そういうことでね、アンコール出させてもらったわけですが。
  今日は収録してるんですよ!だから、みんなと1つになりたいと思って。
  僕がカメラ呼んで、ここからみんなのこと撮ってもらいますから!」
ま、マジですか…1つになるって、たぶん振りがあるってことですよね?
出来るかなぁ。まったく覚えられてないんですけども。






18.coconuts feat.kokomo
やっぱり来ちゃったか!いや、すっごい好きな曲なのですよ。
とってもノリが良い曲調で、聴いてて心地良くて。
なんですけど…この曲、PVで難しい振りが付いているんですよね~。
しかも、ライブではその振りをみんなでやるって聞いていたのです。




案の定やることに。わぁ~いまったく分からないんだぞ!
えっと…サビで、手を左に3回振って、右に3回振って、
右手で体払って、左手で体払って、左手で指差して、右手で指差して、
左手で指差して、クロール…かな…覚えられてないよう。


覚えられたと思っても、どうしても体を払うところを忘れちゃうのです。
左隣のディさんは以前のライブで完璧にしていたっぽいし、
右隣の方はカウントダウンライブも行ったほど大のファンっぽいし…
初参戦なんですから、ってことで許してくださいませ。






19.'need love
ノリのいい曲が続きますね~ってこれも振りがあるんですか!?
えっと…やばい覚えてない。手でハートみたいの作って、
カクカクと腕を下に落としていくようなやつでしたっけ…


いけませんね~ちゃんとみんなの見て真似してたつもりなんだけどなぁ。
復習しないと。どうせなら振りもちゃんとやりたいですもん。
て言うかほとんどの人が出来てるって時点でみんなすごいと思うんだ。






池「卒業のことを思い浮かべながら作った曲です」
と言うようなことを言ったあとに、もちろん最後はこの曲ですね。






20.卒業
アルバムの最初と最後と、ライブの最初と最後が一致したわけですか。
途中は違いますけど、これが合うだけで一体感がありますね。
最初は盛り上げて最後はしっとりと終わる…こういうのも好きなのですよ。


最後まで盛り上がりまくって終わるのも良いですけど。
しっとりする感じも嫌いじゃないです、余韻を残しつつ終わると言うか。
このライブ会場から、全員が卒業していく…みたいな解釈も出来る…かな。






永遠の明日のボーカルなしver.が流れつつ退場。
終わってしまいましたね~、では席について帰りの準
「アンコール!アンコール!」
え…えぇ?いやいや、さすがに2回目は無いと思いますよ…?


とか言いつつ、乗せられるままに手拍子をしてみます。
もしかしたら出てきてくれるかもしれませんし、ファイナルなんですもん。
っておぉぉぉぉあかりが!ま、マジでまた出てきてくれるんですか!




まさかのダブルアンコール。こんな経験初めてなんですけども。
池「さて、え~っと…何をやりますかね?リクエストリクエスト!」
何だと…客席からリクエスト募るって、こんなのも初めて。


「上海ロックスター!」
山「え…摩天楼に夢探し~はい次!」
池「ちょ、リーダーw」
あれ、上海ロックスターってリーダーのお友達だったんじゃ…?




「リトルヒーロー!」
池「リトルヒーローいいね!じゃあそれでいこう!」
リトルヒーローか、僕もいいと思います~。


池「みなさん、もうこれで本当の本当に最後ですからね」
「えぇぇぇぇ~!!!!」
山「…欲しがるねぇ!」
そりゃあ欲しがりますよ…体力もなくなっていきますけど、
正直どれだけやってくれても「まだまだ!」って思ってしまいますもん。






21.リトルヒーロー
あれぇ~この曲ってこんなにも盛り上がる曲だったっけ?
ノリがいいのは知っていたけど、まさかここまでとは思いませんでした。
ライブ映えする曲ですね…株が急上昇してしまいましたよ。


そして、この曲にも振りがあると言う。え~っと…
左に3回、右に3回振って、両手を広げて行って、
ふわふわさせつつ下に落としていくって感じなんですかね。
文字で表すの難しい…でもこれはうまく出来たと思う!




途中ではソロが。ドラム、ベース、キーボード、ギター、ダンス。
池「ダンスと言えば、リーダー!」
山「え、えぇ!?ちょ、無理無理無理無理無理!絶対無理!!」
拒絶しているのにスタッフさんにキーボード取り上げられちゃいました。


ダンスの先生2人に囲まれて緊張の面持ちのリーダー…大丈夫かな。
しかし、ダンスが始まるとまるで別人のようにノリノリ。
なぜかひげダンスも織り交ぜつつ、独自路線を突っ走っています。
最後はマイケルっぽく締め。カッコいいんじゃないですか!




池「すごすぎる…最後のはやっぱりマイケル?」
山「えぇ、ちょっといつかやりたいと思っていたんですけど、
  まさかこんなところでやることになるとは…w」
無茶ぶりしてライブで踊ることになる方なんて、めったにいませんね。


気を取り直してリトルヒーロー再開、最後まで演奏して終了です。
最後はだいぶなが~く音を続けてくれましたね~、
名残惜しいと思ってくれたのかな…ツアーファイナルですし。






こんな感じかな?退場するとき巨匠が躓いたりした以外は。
いやぁ…DEENのライブも楽しいなぁ。独特なものもたくさんあって。
ぜひぜひこれからのライブにも行ってみたいと思いましたね。


3人とも、今回は本当にありがとうございました!
直接姿が観れて、曲が聴けてとっても満足ですし大感謝なのです~!
今度また絶対に行きますので、待っていてください><
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | DEENの色々 | コメント:2 | トラックバック:0 
<<ギター大好きかいわれ | てきと~に | no title>>
この記事のコメント
no.6321:Dear...
えーと、こちらの方ではご無沙汰してますw
どうも、みんなの「ディさん」ことディアレクです(え
コメ残すのなんて一体いつ振りだろうか・・・

せっかくLAMPさんがDEENライブレポ書いてくれたんだから、
反応せずにはいられないだろうと((
あ、でもバンプの方にもコメするので要点まとめて手短にいきますー(笑

まずは一緒にライブ参戦してくれてありがとうです!
まさかの迷子には驚きましたが、←
地震の影響もあってそっちもなかなか大変だったみたいですね・・・
何はともあれ無事に合流できてよかったです。

IKEMENとかやめてくださいよね・・・実物見たでしょうに!
LAMPさんの方こそカッコ良かったっていうのに・・・!!
でも、LAMPさん普通に喋ってて全然チキンじゃなかったですねw
話題100個作ってこなかったことには目をつぶるとして、
なかなか予想以上に社交的でした。チキンは謙遜だったんですね!

自分も予想外の2階席でしたが、ライブ楽しめたでしょうか?
それが一番気になっているところです(笑
あとペアルックで本当に良かったのかとk(ry

セットリスト、記憶があいまいで本当にすみませんでした~
結局見返してみれば「あともう1曲」は存在しませんでしたねw
変に悩んで唸っていたあの時間は一体・・・w

ここからライブ本編について。
予想以上の曲数でしたね~。しかもダブルアンコール・・・w
1曲目はLAMPさん予想的中でしたし。ひとしくん人形は上げられないけどディアレク人形n(ry
ボクは参戦2回目だったので大体の流れ分かってましたけど
(どこで座ればいいのかとか、曲の振りとか)
LAMPさんは初めてで戸惑いましたよねw
そんなLAMPさんをボクは横からニヤニヤ見てました←←

個人的に良かったのは、上海ロックスターが聴けた&見れたことかなぁ。
前回参戦した時はリーダーのソロ曲は聴けたけど「シャン様」の曲は聴けなかったので・・・w
あとはみんなの個人パフォーマンス!
リーダーのダンスはもちろん、池森さんの歌声、巨匠の超絶テク、ダンサーさんの華麗な踊り、宮野さんのベースにHIDEさんのドラムと・・・
リトル・ヒーローの曲間はなかなか凄かったですよねw

これだけ素晴らしいライブレポをLAMPさんが書いてくれたなら、
ボクはもう書かなくていいよね?←


何はともあれいいライブでしたねー
今年は「トライアングル・プロジェクト」ということで
LIVE JOY形式はしばらくお休みで、47都道府県回ってくるみたいですが・・・
是非とも結成20周年記念の武道館LIVEには行きたいなと思ってるので、
都合が合えばまたよろしくです!!
その頃LAMPさんはもう社会人or大学院生ですねw

もしかしたらボクの方が予定明けるの難しいかもしれないですが・・・
まぁその時はその時で(笑
G.W.は大抵大きな大会が入ってきちゃうんですよねぇ...。


それではこの続きはバンプのライブレポの記事で!!
DEENライブ本当にお疲れさまでしたノシ
コメが上手くまとまってなくてすみませんw


2012-02-03 Fri 22:49 | URL | ディアレク #bQUoDw3U[ 内容変更]
no.6325:>>ディさん
ですねw某所では比較的絡んでいますけども…w
めっちゃくちゃお久しぶりですよ~、覚えていないくらいですw
ここはコメント検索機能を使ってみようかな!(
…あ~、去年の5月に新ブログのお知らせに来たっきりですねw
こんなにほったらかしにしてっ!覚悟は出来てるんでしょうね!><

いやはやありがとうございます、それだけで書いたかいがありましたw
マジですか!?まさかBUMPのほうにも反応いただけるなんて…
手短で全然かまわないのです、リア充なディさんは忙しいはずですし!(

いえいえ、こちらこそ誘っていただいてありがとうでしたよ~!
ちょ~っとね、逆の方向行っちゃったよね!(
会場近くに来れた~と思ったら今度は中に入れなくなっちゃうしw
ですね~電車が遅れたと聞いたときはどうしようと思いました…
僕が行く時間には復旧していたので、問題なかったんですけども!
これでライブに遅れていたら泣くに泣けないのです…!

何を言ってるんですか、実物を見たからこそ言っているのですよ!
髪薄く染めちゃって~服装もお洒落~でしたもん。
僕なんか到底かなわないです…そこら辺のモブキャラレベルですよもう(
そ、そうですか?wいやぁ~なんかこっちからしゃべりまくっちゃいましたが、
迷惑じゃなかったですかねw話題100個作れなかった代わりと言うことでw
社交的なんてこと全然ないです、チキンであることには変わりないッ!
むしろ、ディさんのキャラがこう…僕にとっては話しやすかったのですよ~w

楽しめましたよ~2階席も良いって思っちゃいました!
近ければそりゃあアーティストさんにも近くて良いのかもしれませんけど、
2階だと全体が見渡せて。一体になってる感じがして良かったです!
ペアルックw何を言っているのですか、ペアルックだからこそ良いのでs(ry

こちらこそです…直後なのにぼんやりとしか思い出せないって言うw
ですねwもう1曲が何なのか延々と悩んでいた気がします、
謎の引っ掛かりは何だったんだろうか…もしかしてMCとかあったのかなw

多かったですよね、おかげでたっぷり楽しめましたよ~!
ダブルアンコールなんてものも初めてでした…
さすがに2回目はないでしょ~ってえぇぇぇぇ!?って感じでした(
聴きたい曲ではありましたし、1曲目にピッタリだと思ったのです!
な、なんですかそのディアレク人形って!?100体くださ(ry
そうですよね~、その辺は2回目だと勝手とか分かってますもんねw
ライブ中に座るなんて言うことも分からなかったですし、
振りはもちろん…周りを見ながらその場で覚えていく感じでしたw
ちょwそんな姿を見られていたなんて…恥ずかしいっ><//(

あれ、そうなんです?上海ロックスターさんは毎回出演なさるのかと思っていたのに…
今回のは本当にすごかったですけどね~、あの衣装もそうですけど、
パラパラにアレンジがもうwあのアレンジいつかCDに収録して欲しいって思うくらいw
サポメンさんについては良く知らなかったのですが、お2人ともカッコいいですね!
かなり長い付き合いなんでしょうか…DEENのほうも慣れてる感じがしましたw
まぁ、何と言っても1番すごかったのはリーダーのダンスですねw池森さん気に入りすぎw
すごかったですよほんとに…あんなに盛り上がる曲だったんだ、ってのも新たな発見でした!

何を言っているのですwMCでたくさんしゃべってくれたんですから、
ディさんが書くところはまだまだあるのですよ!
僕以外の…ね、ディさんからの視点…みたいなものもあるでしょうし!(


ほんっとうに良かったです、あのとき行くって言って良かったw
ですね~お休みになっちゃうのは寂しいですけど、
トライアングル・プロジェクトになっても変わらず応援していくのです!
結成20周年…でもそっか、そこまで先の話ではないんだ…
もちろんです!ぜひぜひ、そのときにはまた一緒に参加しましょうね~!
そうだwディさんも同じぐらいですよね…時の流れを感じさせるのですw

マジですか…そうですね、今から心配しても仕方ないですもんねw
もしかしたら予定がずれてくれるかもしれませんし!
ってあ~、大会はずれたりすることないのかな…そっちも大事ですからね~…
ま、まぁとにかく、またいつか一緒にライブ参加するってことで!w


了解です~、すでにコメントはいただいているみたいですねw
ディさんもお疲れさまでした、連れて行ってくれて本当に感謝なのです><
いえいえwたくさん反応してくれて嬉しかったですよ~!
2012-02-04 Sat 01:24 | URL | LAMP #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| てきと~に |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。